NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お花でカラーセラピー
2010年03月16日 (火) | 編集 |
 
ベゴニア
     ≪いらいらを 色で癒され 赤い花≫





イライラは 赤い色 で 癒される?

より イライラしない?

と 疑問 を持った方 もいらっしゃるかな?




そうですね


カッカッと 頭 に血がのぼって、感情 が高まっている。

そんなときは、鎮静効果の ある "ブルー" の方が 落ち着き をとり戻せる かもしれません。



500色の 色鉛筆 があるように

赤 といっても いろいろな 赤 があります。




このお花は、写真よりも もう少し 深み のある 落ち着いた 赤色です。



私のイライラを 『受容』 してくれるような!

「そうねそうね」 と 『共感』 してくれるような!




私にとって この花の色は 補完色 だったのです。



「怒っていいんだよ」 と 後押し してもらえたのです。


見ていると "スッキリ" するのです。

とても 落ち着く のです。




自分の 感情に 心地よく 沿う 微妙な 色が 一番 の ♡セラピー♡ だね! (*^^)v。






色の 心理的影響 を 気がつかないところで 大きく 受けています。

 * 某引越し屋さんは、段ボールをにして 運ぶ効率 をあげた (重さ軽さ感覚)

 * 寒色系は 後退色 なので、青い車 はぶつけられやすい (距離感覚)

 * お風呂の 色をに すると、同じ 温度 でも冬は ぬるく 感じる (温度感覚)

 * 白い洋服 より 黒い洋服 の方が引き締まって見える (大きさ感覚)




ちなみに

5感が 脳 に及ぼす 影響 は


  視覚 が 87%





視覚 から 入る 光 や 色彩 が 人間の心理 に

大きく 影響 しているのが

うなずけます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。