NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもの頃の影響 (交流分析 ストローク銀行)
2010年04月26日 (月) | 編集 |
piece.jpg
  《子の未来 ふれあいの記憶 左右する》



幼いころにもらったストローク (ふれあい) を記憶します




ストローク銀行

プラス

*人から+のトロークをもらうとその記憶を貯める
  (受け取った時、気持ちが良いと経験するもの)

*あとでストロークするのに引き出して使う
  (+のストロークで良い関係に。自分自身にもストローク)

*何回も使うと無くなるので、又新しい+をもらう必要がある
  (+が無くなって、-を使う前に貯める)

◇+が多いと、とてもきつく叱られても(-)、自分が悪かったと反省する
  (+が多いと "認められている" という満足感があるため ”ゆとり” )


マイナス

*人から-のストロークをもらうとその記憶をためる
  (受け取った時、痛みとして経験するもの)

*-が多いと-のストロークをする傾向になる
  (-を引き出して使うしかない)

*+ストロークがもらえなくて満たされない時、-をもらおうとする
  (ストロークがないよりマシなので)

◆-が多いと、叱られた(-)時はマイナスとしかとれない
  (-が多いと "認められることへの飢え" から”反発”して満足)





人に好かれるにはの中の【も】 【は】の使い方の活用

ほめる時・・・・・・・・・も・人・メイン  〔拡大〕

しかる時 (けなす)・・は・物・パーツ 〔限定〕


今回 出来んかった 次回 良さそうだね (やる気出る)
今回 出来んかった 次回 出来んだろう (やる気なし)


あなたは絵 上手
今回の国語のテスト 悪かったね




「75点! まあまあだな。 でも平均点なんだろ!」
 (プラスのようで "とげ" がある)
 
 ・ストローク銀行に+が多いと → 素直に「そうなんだよな」 (肯定的)
 ・ストローク銀行に-が多いと → カチンときて-として貯める (否定的)
 
親がどのようなつもりで言ったかは関係なく、受け手が決める





※効果的(+)なストロークの与え過ぎはありません
 
 ・過食 買い物 非行・・・→ストロークの欲しいときに無かった為
 ・情緒的な問題・・・→たいていの場合、肯定的(+)ストローク不足による
 ・リストカット・・・→愛情欠乏の表れ (怒られることをして注目してもらう)
 ・叱るとき・・・・・→感情からだと、将来しっぺ返しがくる






 +のストロークを与えるのに困難な人がいます
  (+ストロークの欠如した家庭に育っていることが多い)

 参照 親子関係が決まる

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。