NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘えることの大切さ (交流分析 人生脚本)
2010年05月22日 (土) | 編集 |
父子
     《自立には 甘えさせてよ 不安なく》




「遊んで」と子どもが寄って来た時


「忙しいから後で」…の約束を親は必ず守っているでしょうか?

「忙しいから5分だけだよ」…の約束で子どもは納得します






※ 『甘やかす』 と 『甘えさせる』



*『甘やかす』

○過干渉 過保護
○大人の都合(感情)次第

・動作が遅いからと手を出し代わりにやってしまう
・ガマンをさせる事もせず子どもの言うことをきく
・好かれたい為に○○をする (祖父母が何でも買ってやる)



*『甘えさせる』

○大事 必要
○子どもの言い分に対応する

・一生懸命やっていて 「出来ないよ」 の SOS に手伝う
・赤ちゃん返りの 「抱っこして」 に応じてやる




☆甘えを親に受け入れてもらって「愛されている」と感じる→ 【安心】

☆子どもの甘えを受け入れることで「かわいい」と思う→ 【愛情がわく】



この「愛されている」という 【 安心 】 が高い自己評価 【I am OK】 になる



よって

充分に甘えることが出来た子どもが 【I am OK】 となり、自信、自立へと繋がる






*甘えてこない子が心配です


本当は甘えたいのです


甘えたくても甘えられないのです。

がまんしているのです

人に合わせようと無理をしているのです




親の顔色、 状態を 敏感に 察知する子は

「甘えてはいけない」… 【I am not OK】 と決めているのです




「この子は手がかからなくていいわ」と思っていると、希薄な関係のまま子どもは大きくなります



この子は、親に愛されているのか確信が持てない

自分の存在価値、自己評価が低いまま大人になります→ 【I am not OK】





 甘えられない子には
 ・スキンシップを増やし、一緒にいる時間を多くストロークしましょう
 ・よく叱っていたら叱るのを減らしましょう

 甘えられない、がまんをする、無理をする を続けていると 心が壊れ
 不登校 拒食症 にもなります

 人生脚本にとても大きく影響します

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。