NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなと同じ を止められませんか? (認知の歪み)
2010年04月04日 (日) | 編集 |
IMG_2759.jpg
       目立たない みんなと一緒は 隠れみの



長雨と突風が収まりとても暖かい!
日差しに誘われて、マイカー 'アシスト' で 桜並木をさっそうと 走りました。


遅めの桜もあり、白い桜もあり、しおれかけた桜もあり

でも、み~んな同じ 綺麗に 見えました。




親にねだる時も 'みんな' を使いますよね。
「みんな持っているよ」
「みんな行くんだよ」

'みんな' に弱い親は許してしまいます。

この 'みんな' は まちがった思い込み の中の2.【過度の一般化】でもあります。



制服もみんな同じでしたね。
「みんなと同じはイヤ」 という子が 少し制服を 変えると 先生に叱られましたよね。

自己主張が出来るということは、それはそれでいいことと私は思います。
ルールを破るということはいけない事ですので、叱られないやり方を考えるとなおいいですね。

同じにしていれば叱られなくて安心
( 自己主張しない方が 安全 )


みんなと一緒にいると安心
みんなと同じ事をすると安心
みんなと同じ物を持っていると安心


そして

みんなと同じことをして好かれたい
多数派の仲間に入って、考えが正しいと思いたい

だから
同調行動をします。

よって
『みんなと同じ』がとても楽な居場所になっている。



『みんなと同じ』を止めると
自分で考え、自分で行動するクセがつきとても良いことです。

ただし
長年慣れ親しんだ思考、行動ですので止めることは 大変難しく 苦しいです。




 裁判員制度で自分の考えをきちんと主張できるだろうか
 曲げてしまわないだろうか


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/04/04(Sun) 22:38 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。