NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲むと どんなお酒ですか? (交流分析)
2010年04月13日 (火) | 編集 |
カンパイ
       ご機嫌が みるみる変わり 本音かな



お花見はされましたでしょうか?

今年の桜は早く咲きましたが、花冷えが続いたお蔭で長く楽しめましたぁ!




お酒を飲むと人が変わってしまう人 いますよね。


普段は穏やかで優しい人が、お酒を飲むと攻撃的になる
*怒り上戸

普段はとても明るい人が、お酒を飲むと泣いてしまう
*泣き上戸


いろいろなパターンがありますね。
*色味上戸
*ねじり上戸
*セクハラ上戸



どうしてでしょう!


血液の中にアルコールが入ると、大脳 (前頭葉) がマヒして、理性が解放され本性が出る。


※ 前頭葉は
人間が人間らしく生きて行くために大切なところ。
(好き勝手なことばかりしていると、社会生活に影響する)

感情をコントロールしている。

もし
事故、病気等で前頭葉が縮むと、感情のコントロールが出来なくなり、欲望が抑えられない。



交流分析の自我状態でいうと


〔 A 大脳 〕  がマヒして
〔 C 古い脳 〕 (本性)が出てきた
〔 P 恐怖を起こす 〕 視床に入る


 泣き上戸 = AC
 笑い上戸 = FC
 怒り上戸 = CP



普段 自我状態 A で理性を働かせています。

そこで、A(理性) を解放してストレスを発散しようとお酒を飲みます。

ほろ酔い気分で和気あいあいのうちはいいのですが・・

飲み過ぎてしまうと A (理性) が働きませんから、自我状態の抑圧している部分(本性)が出てきます。




 ・抑えているところを どう発散するかが人生

 ・本性が手っ取り早く分かりますね。(知られてもしまう)


 ・大脳がマヒして認知症になると

   CP 頑固 (~すべき)
   NP 苛立つ うつ
   FC わがまま 
   AC 文句たらたら (~してほしい)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。