NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叱るよりほめた方が良い (交流分析 ストローク)
2010年05月30日 (日) | 編集 |
子供
       《知っておこう 叱るほめるは 子によるよ》




叱るよりほめた方がいいのは確かである!



☆試験後

Aクラス・・・「なかなか良い出来だ、今度も頑張って!」
Bクラス・・・「なんと出来の悪い! 今度こそ頑張れよ」
Cクラス・・・何も言わない 


次の試験結果の良かった順番

1. Aクラス (ほめた)
2. Bクラス (叱った)
3. Cクラス (無関心)



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


愛する ←→ 無関心  ( 憎むではない )


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



※〔叱っていいタイプ〕 と 〔叱るのに注意が必要なタイプ〕



*〔比較的叱っても良いタイプ〕

 ・出来のよい子は叱っても プラス になる
 ・情緒安定、おおらかなタイプの子は、自分のために と思える
  (+のストロークをいっぱい貰っている子)




*〔叱るのに注意が必要なタイプ〕

 ・出来の悪い子は叱ると マイナス になる
 ・非常に気が小さい子は、委縮してしまい二度とできない
 ・反発してくるタイプの子は意地をはり突っ張る ( 自己表現が下手 )
  (「どうせ・・」と自己評価が低い。-のストロークをたくさん貰っている)




※『うらみ』 が溜まると自己表現が下手になる。

 ・叱った後にこそ 「思い」をキッチリと聞くこと



*『怒り』 を表すと、親から倍返しをされる恐れから言わない。

“モヤモヤ”が続く・・・この方法でしか仕方がなかった。



①モヤモヤによる怒り

 ・~してほしいのに、~してくれなかった・・・・・・・・『ちょうだい』
 ・~してほしくなかったのに、~されてしまった・・・『イヤ』



『ちょうだい』 と 『イヤ』・・→言える技術がいる 

 ・言えないから モヤモヤ が続き 怒り、うらみ となってしまう



②モヤモヤによる哀しみ

 ・不当に評価された




*『うらみ』

 ・ウツに (最近は小学生にも多くいる)
 ・依存症に





 *“モヤモヤ”は子ども時代に身に付けたシステム
 *自己表現が出来ていれば モヤモヤが無い
  ・したいことなりたいことやりたいこと を考える習慣をつける


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。