NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名前の呼び方 (交流分析)
2010年09月15日 (水) | 編集 |
子ども時代
《「ちゃん」呼びで 子ども時代に 戻ったよう》





「麗香ちゃん」

「麗香さん」

「麗香さま」




名前の呼ばれ方で、心に変化がおきませんか?





※ものの感じ方、考え方には過去の経験・関心の影響がある

  500円玉を実物大に描いてもらうと、価値観が大きい人ほど大きく描く




*「ちゃん」 (ニックネーム) で呼ばれると、そのように呼ばれていた子ども時代に戻った気がすると思います

  子ども(C)の自我状態



*「さん」呼びは大人っぽく感じます

  大人(A)の自我状態



*「さま」は一目おいてもらえた感じがします

  親(P)の自我状態



   呼び方






 *私は自分の名前が嫌いで、自分で名前を言うのははばかれていました
  ある所では名字ではなく名前で呼びます
 
  名前で呼ばれて初めは抵抗がありました。
  慣れてくると何だか顔もほころび、子ども時代のような (心のふるさと)
  親しみを感じるようになりました

 
 *TPOに合わせて使い分けるのもいいですね

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。