NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネガティブな言葉の強化
2010年12月06日 (月) | 編集 |
通学
   《もう遅刻 しませんように 神頼み》





※ 『もう絶対に遅刻はしませんように』


呪文のように唱えているのに いつもしてしまう・・・遅刻





* 喋りが早口になりませんように
* 忘れ物をしませんように
* 事故を起こしませんように
* 人前であがりませんように
* 人前で赤くなりませんように
* たばこが止められますように
* 不合格になりませんように
* ケーキは欲しがりません




これは

『自分はこうなりたくないと思うこと』の強化なのです


『遅刻をしましょう』と脳に言っているようなものなのです




「私は今落ち着いてゆっくり喋っている」と自己肯定する



「ハンカチを忘れないようにしなさい」・・忘れる
「ハンカチを持って行きなさい」・・・持って行く

持って行くという動作はイメージが出来ます
忘れて行くという動作のイメージは??





『遅刻しない』 → 『早く出る』


そして、より具体的に

* ●時に家を出る

* 口に出して言う

* 目標として紙に書いて貼っておく 






ポジティブな言葉は効果がある

ネガティブな言葉は逆にその作用を促す方向に働いてしまう可能性がある


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。