NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キレない子に育てるには? Iメッセージ
2011年05月30日 (月) | 編集 |
3人の
  《監視せず 関心をもって 良い関係》






「何時だと思っているのこんな時間まで、早く帰っていらっしゃい」

「あなたに何か起きたのかしらと心配になるから早く帰ってきてほしいのよ」




思春期の子どもが遅く帰ってきた時、どちらの言い方をされるでしょうか?





〈監視〉ではなく〈関心〉

思春期の子どもは親と一緒というのを嫌がるようになります
外食に誘っても
「留守番しているからお弁当を買ってきて」

自立心が育ってきているのです

ところが
親は不安を抱き喜ばないのです


そこで
親の支配下におこうと監視をする


 「何時だと思っているのこんな時間まで、早く帰っていらっしゃい」




親の支配下から逃れようと家出もし兼ねない






親の不安解消ではなく
子ども自身に関心をもつことが大事


 「あなたに何か起きたのかしらと心配になるから早く帰ってきてほしいのよ」







〈You メッセージ〉ではなく〈Iメッセージ〉

 *決めつけ・断定のYouメッセージ

 「あなたはいつも○○だね」
 
 関係を悪くしキレる環境を作り出す


 *対話が始まるIメッセージ

 「お父さんは○○と思うんだけど、どう思う?」
 「ぼくは△△と考えているんだ」
  
子どもも答えてくれてコミュニケーションが深まる





 Iメッセージキレない子をつくる

 愛する ←→ 無関心  ( 憎むではない )

 
※ HP セラピールーム KoKoRo


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
    《監視せず 関心をもって 良い関係》「何時だと思っているのこんな時間まで、早く帰っていらっしゃい」「あなたに何か起きたのかしらと心配になるから早く帰ってき
2012/03/19(Mon) 12:13:22 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。