NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関係を悪くする親の無意識の言葉 Youメッセージ
2011年08月12日 (金) | 編集 |
勉強
 《「勉強せよ」 正しいけれど イラッとする》






勉強をしないで遊んでばかりいてはいけないと分かっている



楽しくない 面白くない ことはついつい 先延ばしになる




「いつまで遊んでいるの 勉強をしなさい」
 
 正当なだけにイラッとする



「そんな風だからロクな学校に入れないよ」
 
 人格否定されてムカッとくる




「いい加減にしろ 言うことが聞けなければ学校には行かせない」

 脅しで全面支配にカチンとくる





親は自分が正しいと思い込んだ言葉を無意識に言ってしまう。



子どもは自信を失い、自分を見失って キレる。



[自己肯定感]の低い子ほどキレやすくなる。




 いつも否定的な言葉を浴びせられていると[自己肯定感]は低くなる



※ HP セラピールーム KoKoRo




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
    《「勉強せよ」 正しいけれど イラッとする》勉強をしないで遊んでばかりいてはいけないと分かっている楽しくない 面白くない ことはついつい 先延ばしになる①
2012/03/19(Mon) 12:13:12 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。