NPO 日本次世代育成支援協会 認定カウンセラー     
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対話のパターン (ストローク)
2010年10月02日 (土) | 編集 |
シャツ
   《肯定の 言葉の魔力 その気なる》




【ストローク】



「きょうもステキな装いでダンディですね。」
の声かけに


紳士は
「はい、いつもそのように心がけています。」


との返事が返ってきました。



そして

 「どのように感じましたか?」




返事に対して、紳士は私に感想を聞かれました。

 「とても爽やかで気持ちがいいです!」




名古屋交流分析協会 インストラクター資格認定講座にて
受講者の前で、 稲垣行一郎理事長との会話でした





※ 会話の始め方には 『二つのパターン』 があります

 ①否定的
  「いいえ、そうでもありませんよ」


 ②肯定的
  「はい、いつもそのように心がけています」



みなさんはどちらのパターンで会話を始めていますか?
一度検証してみてください。




*日本人は「いいえ」の否定的パターンが多いようです。


 否定的会話を長年続けている→物事を否定的に捉える姿勢が基本になってしまう



 まず

 「はい」 からの会話を始める姿勢を持つようにしたいものです。






私たちは無意識に言葉をつかってコミュニケーションをとっています。
その言葉の使い方は人間関係を大きく左右しています。





 言葉による気持ちの変化
 
 居酒屋に入って静かに 「いらっしゃいませ」 と迎えられたら
 お酒を飲んでも明るい気分になれそうもない気がしませんか?
 
 元気に歯切れよく 「いっしゃいませ、奥へどうぞ」 の方が
 お酒も美味しく楽しく飲めそうな気がしますね。

自分の弱さの補強 (防衛機制 同一化)
2010年08月19日 (木) | 編集 |
いじめっ子
 《いじめっ子は いじめられっ子の 変わり身だ》





※【攻撃者との同一化



『弱い犬ほどよく吠える』 の例えに似て



*怖い相手を自分の分身にすることによって、恐怖を乗り越えようとする防衛

 ・いじめられっ子がいじめっ子になる
 ・子どもの怪獣遊び
 ・注射の怖い子が妹をつかまえてお医者さんごっこをする
 ・ユダヤ人が内部告発をしてナチス側に就く






【同一化】

*自分の尊敬する人を自分の(P)に取り入れ、自分と同一化することで自我の弱さを補強する



同一化

 ・尊敬する人の洋服の趣味、口調、動作まで真似る
 ・聖子ちゃんカット ベッカムカット
 ・結婚相手に父親に似た男性を選ぶ
 ・子どもが入試に失敗して落ち込んでしまうと、自分も寝込んでしまう親。子どもに同一化
 ・自分がなれなかったピアニストになる夢を子どもに託しレッスンにうるさい。子どもに同一化
・嫁として当たり前と思っている夫。母親と同一化
  (時には娘として、彼女としてみると5:5の関係になれる)
 






中学校に進級した麗香さんは、一週間で不登校になってしまいました。
理由は友だちが出来ないから。
小学校では友だちもいて、楽しく過ごすことができました。
麗香さんは一人っ子です。小学校の時の友だちも一人っ子でした。

 母との親密な関係で育った麗香さんは、学校という集団生活ではとても不安を抱いていました。
たまたま麗香さんと同じような心の不安をもった一人っ子の友だちと出会い、お互いに頼りにするようになり小学校生活は楽しく過ごせました。

麗香さんは母親に大事にされたように、友だちのことを心配したり世話をする。
友だちも同じように麗香さんに対してそのような気持ちで接してくれる。
お互いに「お母さん」になって相手の世話をしたり、面倒を見たりする。

友だちに対して麗香さんは、母親に【同一化】して、母親が可愛がってくれたように友だちに接し、友だちもまた母親が自分を可愛がるように、麗香さんの母親になって世話をする。
二人は心の頼り手を見つけることで、母親からの分離不安を乗り切り、小学校の集団にはなじめるようになった。






 【同一化】→【 同一視】 【取り入れ】 ともいう

 *落ち込んだ時、自分の周りの落ち込んでいる人を排除するのではなく
  FCの高い人に会って【取り入れ】ましょう。

正反対のことをすると楽 【防衛機制 反動形成】
2010年07月27日 (火) | 編集 |
こころ
 《"~しすぎる" は心守る 行動だ》






相手に秘かな敵意を抱いている人は (無意識下で抑圧されている)

そのまま態度に表れると、社会的にあるいは自分にとって具合が悪いので、無意識に真反対の友好的態度をとる。




【防衛機制】 の 【反動形成】 です



反動形成


C の正反対は P

P で表すととっても安定する





親父がずっと嫌いだったら、親父と全然違う人間になる (自分が正反対の形)
 ⇓
人間は正反対のことをすると楽なのです (無意識)







おそろしいのは 〔過保護〕  【反動形成】の例


「この子さえいなければいいのに」 「 この子さえいなければ離婚できるのに」
 
元々は怒り、憎しみ


それを出してしまうと大変だから異常に可愛いがる  
 ⇓
人間は正反対のことをすると楽なのです (無意識)


過保護





*腹が立てばたつほどニコニコする
*悔しければ悔しいほど相手の面倒をみる
*嫌だなあと思うとわざと 「お手伝いしましょうか」 と言う
*劣等感のある人ほど威張る
*好きなのにスカートめくりをする





ただわざとではなくゴク自然なのです


何故かというと


人間は正反対のことをすると楽だから





【防衛機制】とは

・心がピンチになったときに、心が壊れたりするのを無意識の内に防ぐシステム
・人間関係を理解する上で とても大切
・;人が不安に駆られたときそれを処理しながら日常生活に適応していくための心のカラクリ
・心の中に不安があるので、直接それを表現すると自分に大変なことが起きるのではないかと、遠まわしに何かに置き換えて話をする




【反動形成】とは

・抑圧した本当の気持ちとか考えや感情と正反対のことをする
・自分の弱さを知られたくないし、自分も認めたくないのでそれをカバーしようと他の極端な機制
・あるがままの自分を受け入れない機制



【反動形成】 の特徴 “~しすぎる”

*親切すぎる
*丁寧すぎる
*可愛がりすぎる
*掃除しすぎる
*怒らなさすぎる
*几帳面すぎる
*全く人に頼らない




OLの麗香さんは連日残業が続いていました。
きょうは仕事も一段落したので、仲間と飲んで遅く帰りました。
玄関ドアを開けると、あわただしく出勤をした朝の散らかりが目に入りました。
麗香さんは、非常に疲れているにもかかわらず、掃除を始めました。
そうしないと寝られないのです。





 *強迫的になるのは良くない
 
 *建設的な面もある
 ・気持ちが落ち込みそうな時笑顔を絶やさない
                  ⇓
 ・作為的だけれど、精神衛生を保っている
 ・作り笑顔で副交感神経を刺激し、気分が楽になる


  お悩み相談
  HP セラピールームKoKoRo


ボイスマルシェ私、酒井 好の相談ページはこちら
『自己表現度』 チェック!! (アサーション)
2010年06月29日 (火) | 編集 |
表現
    《支障きたす 自己表現の 領域は?》



ご自分の『非合理な思い込み』は判明しましたでしょうか?


解説のお約束でしたね




と・・・その前に



『自己表現度』もチェックしてみましょう!

コミュニケーションには自己表現がとても大切です。

1自己表現チェック

2自己表現チェック
     平木典子:「自分の気持ちをきちんと伝える技術」より



自己表現ベタ → 人間関係に支障をきたす




*回答 → 「いいえ」 = 自己表現が出来ていない、苦手な領域

 半分以上・・・日常生活や人間関係に支障を感じる



*回答 → 「はい」 = 相手に対して否定的な感情、腹立たしさ、無視の意図が
     あればその「はい」は◎に。
     (相手を考慮に入れていない言動の可能性有り)

 10以上・・・自己表現度は普通以上





 自己表現 = アサーション
 
 アサーション = お互いを大切にしながら、それでも率直に、素直にコミュニケーションをすること
見て聴いて言うことが大切 (交流分析 人生脚本)
2010年06月15日 (火) | 編集 |
夫婦
《熟年で 初めて聞いたよ 言い分を》
    





※人生 


嫌な事も良い事もあります
歳をとると、嫌な事と良い事の境界線が下がります


人生


境界線が下がると嫌なことも→「あれはあれで良い思い出」



境界線が下がらない人→「自分さえ我慢すれば」の人
これをしていることに気づいていない

そして

歳をとると我慢しないで言う
「こんなに我慢してきたのに」→恨み節





*「私の人生 何だったんだろう!?」
 
 ・何の為か分からないけれど我慢してきた人





※我慢、辛抱は素晴らしい能力

しかし

*それは、我慢をしなければいけない事なのか?
  ・1年に1回しか会わない人に我慢は不要



*それは、我慢をしなければいけない人なのか?
  ・大切な人には気を使い我慢も必要
 


☆夢、目標の為には必要な我慢もあり





-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

我慢をしなくていい時は、しなくていいのです。
しなくていい我慢をしていても、誰もほめない。
溜めこまないで「良い喧嘩」をしましょう。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-





※最近 大切な人に「うれしい!」をいつ言いましたか? (メールは除)

  意外といつ言ったのか覚えていないのではないでしょうか




☆「うれしい」・・・形容詞で 気持ちが入る
  自我状態 C から発信


☆「ありがとう」・・・お礼のことばであって形容詞でない
  自我状態 A から発信




☆好意の返報性

「うれしい」 C → 相手も C で受け = うれしさが増幅する
「ありがとう」 A → 相手も A で受け = 返報性が途切れる



*返報性 = 人は何かをしてもらったら、お返しをしたくなる性質(心理)がある

 他の返報性
  ・認める・・・グチを言う人は相手を認めていない
  ・自己開示・・評価が怖くて言えない






※パートナーの好きな食べ物を3つ挙げられますか?

 挙げたのを聞いて 当たっていたら青信号!!









 *我慢が好きですか?
 
 *嫌いなのに一生そのまま行きますか?

 *我慢は美徳→我慢する必要のある我慢は美徳

 *私さえ我慢すれば→それ本当? おかしいよ!

 *言いたいことを我慢して、思いは通るのか?

 *思ったら声に出すのが重要
  ・いいところを見つけて声に出してやる
  ・パートナーをほめてやる気を出してもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。